哲学的ママブログ

毎日育児に奮闘。その中でも冷静に子供と向き合いながら、成長に合わせた独自の育児法など、哲学的に書いていこうとおもいます。

ママ必見!Amazonでオムツが安い!オムツ選びはタイミングが命。

f:id:aicepink:20190604213309j:image

 

 

子どもが小さいと、なにかと出費されるのがオムツ代ですよね。

1パック大体税込1,500円くらいは

すると思います。

子どもの大きさによりますが、我が家ではだいたい

1ヶ月→2パック又は3パック使用します。

↑これは金額に直すと

3,000〜4,500円はしちゃうんです。

 

₍₍ ◝(●˙꒳˙●)◜ ₎₎タカーーーー。

しかし、極限までオムツ代を節約する方法を私なりに書いていきたいと思います。

 

ストックが1パックになったらオムツ探しを始める!

こどもの月齢や体調によって、1日に何枚も消費する場合がありますよね。

なので、1パックは常にストックしておきます。

ストックしておくことによって、購入のタイミングを長く取ることができます(*´╰╯`๓)♬ 

サイズアウトの見極めが難しい時もあると思うのですが、その時は臨機応変に!

 

パンツタイプは単価も高い!大体1枚20円程のものが多いです

1パックが安いものでも、実は1枚に換算するとそうでもないメーカーも多いです。

ドラッグストアのポイントアップデーを駆使しても、

1枚18円を切るのはなかなか難しい

よって、

税込金額から計算して

1枚単価が18円より安くなれば、

お得に購入できていると判断します。

f:id:aicepink:20190604205454j:image

↑このように、サイズごとに大体最低の

単価が自分の中でわかっていれば、

オムツ 選びはサクサクです₍₍ ◝(●˙꒳˙●)◜ ₎₎

 

Amazonでオムツクーポンが使えることも。

Amazonファミリーに登録しています

↑こどもの生年月日と性別を登録していると、

メールなどで、おトク情報をもらえます!

f:id:aicepink:20190604212614j:image

 

Amazonでは不定期に10%〜50%のクーポンが配布される場合があります。

これは、自分だけに配布されている場合もあり、友人と同じという事は決してないようです。

クーポンは商品に設定されており、好きなメーカーやサイズなどを選べるわけではありません。ここは運です。

その場限りで、定期おトク便を登録すると更に5%の割引を受けられることも!

f:id:aicepink:20190604105104j:image

 

↓こちらの商品は定期おトク便と組み合わせると20%オフで購入できます₍₍ ◝(●˙꒳˙●)◜ ₎₎

f:id:aicepink:20190604111414j:image

※定期おトク便は1回の注文でもすぐにキャンセルできます₍₍ ◝(●˙꒳˙●)◜ ₎₎

 

 

 

 

2,000円以上で配送無料!そして早い配送!

Amazonは2,000円以上の注文で送料無料です。

なので、2パック以上がセットになっているオムツを買う場合、1,000円を切ることはまずないので、

いつも無料で玄関まで運んでくれることになります*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ✩‧₊˚

オムツって結構重いですよね…(o´罒`o)

予約商品などでない限り、大体3日以内には届きますので、安心!

 

定期おトク便の解約の仕方

↑これ重要₍₍ ◝(●˙꒳˙●)◜ ₎₎

f:id:aicepink:20190604211219j:image

いつでもキャンセル可能なのに、

割引してもらえるなんてラッキー•*¨*•.¸¸♬

 

f:id:aicepink:20190604211156j:image

f:id:aicepink:20190604211159j:image

↑からいつでもキャンセル可能☆

頼んで、商品が来たらすぐさまキャンセル

してもいいんです*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ✩‧₊˚

※私は念のために…商品が到着してからキャンセルするようにしています。

 

私はプライム会員ではない!!!

その証拠を載せておきます。

ホントーーに絶対経費なオムツをどれだけ

安くゲットできるかです!!!

f:id:aicepink:20190604212109j:image

 

₍₍ ◝(●˙꒳˙●)◜ ₎₎

下の方まで読んでくれてありがとうございます。

10%以上の割引になるなら、正直ドラッグストア行くより安いです!

ほか、手持ちのポイントなどがある場合は

楽天Yahoo!ショッピングなど、

その都度、出金額の少ないものを選ぶことが出来れば、節約に直結していくと思います。