哲学的ママブログ

毎日育児に奮闘。その中でも冷静に子供と向き合いながら、成長に合わせた独自の育児法など、哲学的に書いていこうとおもいます。

産み分けゼリーの使用は、ばれる?旦那に秘密で産み分けするには?

f:id:aicepink:20190928084848j:image

産み分けゼリーの使用は、ばれる?旦那に秘密で産み分けするには?

旦那さんに実は産み分けしてること、知られたくない人もいますよね。だってそれは、こんな理由があるから。

  1. 夫婦で欲しい性別が割れる
  2. 旦那が産み分けに協力的でない
  3. 産み分けゼリーはお金がかかる
  4. 産み分けは病院代がかかる

そんな悩みって意外とあるあるですよ。どんなパターンなのか見てみましょう。

産み分けゼリーがばれる・夫婦で欲しい性別が割れる

産み分けゼリーは男の子用と女の子用の2種類が主に用意されていますよね。外箱や注入器の色も女の子らしいピンクや男の子らしいグリーンやブルーで装飾されている場合が多い。産み分けゼリーを使うことが夫婦で承知の事実であっても、外見で判断できてしまうことが、ばれる要因となる。

ANSER

外箱や外観でわかるものはばれる前に先に捨てる。挿入時に電気を落とし、色目がわからない状態で挿入。ゴミはゴミ箱を自分のすぐそばに置いておくなど、すぐ処理して目の触れないところに。

産み分けゼリーがばれる・旦那が協力的でない

旦那さんが子作りや産み分けに積極的でない場合、ゼリーを使うことに嫌な感じを受けるかもしれませんね。これは夫婦の子作りの熱意の差から生まれるもの。特に前者の子作りに積極的でない場合は、ゼリーを使っていることによって、そのコストの事も頭に浮かぶでしょうから、不仲の原因に…

ANSER

濡れにくいから、使用していると何となく産み分けゼリーではないことを主張したい。産み分けゼリーは注入器を見ただけでは、その目的がほぼわからない物ですから、『最近濡れにくい』または『痛い』などとうまくごまかして使用するのがオススメ。

産み分けゼリーがばれる・産み分けゼリーはお金がかかる

決して安いものではありません。数回使って数万円とお財布を痛めます。使ったとしても確実に望んだ性別が生まれてくるとは限りませんから、ずっと使っていると良い気がしなくなってくる場合も。それでも自分は使い続けて、産み分けゼリーの可能性にかけたい!なんて思う事もあると思います。

ANSER

最初にどれくらいの金額がかかるかを内緒にしておくのもアリ。欲しい性別へのこだわりが強く、妊娠するまで続けたいなら、使うしかないので、金額の部分は最初から伏せておく事をお勧めします。余ったら買取キャッシュバックしてくれる産み分けゼリーはコストの面でおススメですよ。

産み分けゼリーがばれる・産み分けは病院代がかかる

産み分けゼリーが高いものですから、出来るだけ早く妊娠したいと思う気持ち、ありますよね。しかし、なかなか出来ないとイライラしたり、それが悪循環になっているかも。病院代がは卵子の成長具合を見てもらうのに1回3,000円前後かかる場合があります。産科は待合時間も長い場合が多く、時間のロスもばれる原因になりそうです。

ANSER

卵子の成長に関しては、市販の排卵検査薬を使ったり、病院で販売している産み分けゼリーよりコスパのいいものを選ぶやり方があります。市販の排卵検査薬でもちゃんと結果が出るので、参考にしながら低コストで妊活できるといいですね。

⬇︎コスパがいいのでおススメです。