哲学的ママブログ

毎日育児に奮闘。その中でも冷静に子供と向き合いながら、成長に合わせた独自の育児法など、哲学的に書いていこうとおもいます。

【妊活】ピンクゼリー(産み分けゼリー)の効果は80%!クリニックの先生に聞いたよ!

妊活頑張ってますか?私も頑張ってます。ピンクゼリーの効果についてズバリ聞いてみたのでその時のこと、書きます。

【妊活】ピンクゼリー(産み分けゼリー)の効果は80%!クリニックの先生に聞いたよ!

f:id:aicepink:20190914171716j:image

  1. 産み分けゼリーは80%の約効果
  2. 男女別にタイミングが違う
  3. 男女別に刺激の有無が違う

産み分けゼリーを使えば、思い通りの妊活ができる!という訳ではないみたい。私がクリニックの先生に聞いたことのまとめ。

産み分けゼリーの効果は約80%!膣内のpHを調整するよ

f:id:aicepink:20190914172333j:image

  1. pHが酸性よりなら女の子
  2. pHがアルカリ性よりなら男の子

膣内のpHを産み分けゼリーで調整することによって、男の子と女の子を産み分けるサポートをする。

例えば膣内が酸性よりになっていたら…

\\ ピンクゼリーを使った場合…//

  1. 膣内が弱酸性になる
  2. 男の子の精子がリタイヤしやすい
  3. 女の子の精子が頑張りやすい!

となります。よって女の子が出来やすい環境になるということです。このを役目がピンクゼリー が担う訳ですね。

男の子と女の子でタイミングが違う!

\\先生はこんな風に言ってた! //

  1. 女の子は排卵の2日前がベスト
  2. 男の子は排卵日の直前がベスト

これは女の子の精子と、女の子の精子卵子にたどり着くまでのスピードと耐久性が違うからです。

POINT

女の子の精子はゆっくり進んで、持久力あり。男の子の精子は速く進むが、持久力なし。

男の子が欲しい場合、早くに行為に及ぶと、卵子までたどり着けず、リタイアしてしまう。反対に女の子が欲しい場合は、卵子にたどり着くまでに時間がかかる為、早めに行為に及ぶ。

男の子が欲しい場合は、刺激あり。女の子は刺激なし。

f:id:aicepink:20190914172425j:image

これは行為前に妻をどの程度刺激するかで、体内のpHが変わってくる話。

  1. 男の子がほしい→刺激する
  2. 女の子が欲しい→刺激しない

これで体内の酸性かアルカリ性が左右するので、注意しておきたい部分。

産み分けゼリーはたっぷり入っているものがおすすめ。

女の子が欲しい場合、刺激がない方がいいので、行為直前でなかなか挿入できないなどの悩みとぶつかる…。痛かったり、行為がモタモタしているうちにお互いの気持ちが穏やかになってしまう…などのトラブルも…

産み分けゼリーを使って、出来るだけ高確率で妊活したい方は、1回のゼリー使用量が多いものを使うのがオススメ。

とことん追求した日本製【ベイビーサポート】

⬆︎結構よかったので、興味ある方は見てみてくださいね。

妊活は疲れるね、でも家族計画頑張ろう!

f:id:aicepink:20190914172457j:image

本当、タイミング計ったり色々と疲れますよね。気が張るというか…でも、未来に向けて明るい家庭を目指してみなさん、お互い頑張りましょう!!旦那様にも教えてあげてくださいね!

 

合わせて読みたい